【産後ケア】座り方によって尾骨が痛い


出産してから尾骨が痛く、なかなか改善しないので来院された30代女性(一人目の出産)

 

産後は筋肉落ちているからか、2〜3キロ歩くのもきつく、授乳の際にも子供を抱くのに肩が痛いということでした。

 

 

姿勢を確認すると産後特有の立ち方でした。

 

 

特有な立ち方というのは、妊娠時と同様な腰を前に突き出す姿勢。

 

お腹が大きいので出やすいのですが、出産してもその習慣が抜けないんです。

 

 

この立ち方はお腹を突き出し、腰がとても反った状態です。

 

突き出した分、お腹から太ももがつっぱり、腰の筋肉が硬くなることで尾骨などに影響が出ていました。

 

整体ではこの反った状態をまっすぐ立てるように整えつつ、指導し、週1ペース4回の施術で痛みもなくなりました。

 

 

尾骨の痛みには種類があり、

今回のような周りの筋肉の影響の場合、

時々、子供がお腹から出てくるときに尻尾を強く押してしまって捻挫のような状態になります。

 

 

捻挫の時はちょっと時間がかかりますが、筋肉の影響の場合は整体をしつつ日常生活の姿勢を気をつけると楽になります。

 

 

ぜひお試しください。

 

 

ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

毎月お役立ち情報とメルマガ会員限定のキャンペーン情報をお届けしています。

 

登録がまだの方はぜひメルマガにご登録くださいね。

 

【定期開催セミナー】

1.妊婦さんのお腹を緩めてお腹の張りを楽にするセミナー

 お腹の張りを緩めて、切迫早産を予防しましょう!

詳細はこちら → https://resast.jp/page/event_series/35964

 

2.運動なしで「痩せない」自分と決別!痩せ体質セミナー

 日常生活における食事と過ごし方から運動なしでも痩せ体質になれるようにお伝えしていきます。

詳細はこちら → https://resast.jp/page/event_series/42771