【産後ケア】体のコリが増えることで骨盤の歪みも増える|骨盤矯正は痛くない


骨盤の歪みは

「骨盤が歪んでいる」

というよりも

「骨盤の周囲の筋肉に引っ張られて」歪んでいます。

 

 

骨盤の歪みを治すためには骨盤をボキッ!って

やるしかないイメージが強いので、

多くの患者さんは骨盤矯正には痛みが伴う

思っている方が多いです。

 

 

しかし、骨盤の歪みの多くは、

骨盤につながっている筋肉の緊張・コリから引っ張られて歪んでいます。

 

だから、骨盤矯正はボキッとしなくても、

周囲の筋肉のバランスを取ることで

骨盤の歪みを取ることができます。

 

 

骨盤にはこれだけ多くの筋肉がつながっています。

 

たとえば、右の背中の筋肉が緊張してこっていると、そこから強く引っ張られます。

 

骨盤歪みますよね。

 

 

 

または左太ももの前側がガチガチだとします。

 

そちらに引っ張られて歪みますよね?

 

腰をボキッ!としてこれらの緊張がとれれば歪みがとれますが、このコリが取れなければ引っ張られるので歪みは残ってしまいます。

 

 

■骨盤矯正には全身のバランスを取ることが必要

 

骨盤矯正だからといって、

腰回りだけの調整で終わる場合は、

筋肉のコリが取れないことが多く歪みが残ります。

 

 

また日常の立つ、座るという姿勢で筋肉を偏って

使っているとそれだけで歪んでいくことは

容易に想像がつくと思います。

 

 

逆に、骨盤をボキッとしなくても

筋肉のコリを緩めバランスがとれれば

骨盤の歪みがとれますよね。

 

 

 

■バランスがとれれば体が軽く感じる

 

骨盤の歪みが多いときは

体のあちこちから筋肉に引っ張られているため、

まっすぐ立っているだけでも

常に何処かに力が入って疲れてしまいます。

 

 

バランスが取れることでつっぱりがなくなって、

緊張が減ることでとても体が楽になります。

 

 

産後のママは授乳や寝かしつけ、

とにかく赤ちゃんを抱っこする頻度が高くなります。

 

常に抱っこで腕や肩、背中や脚の筋肉を酷使してしまいます。

 

体のあちこちから引っ張られ、

コリがたくさんできることで骨盤が歪んでしまいます。

 

 

出産で歪むということもありますが、

育児で体を酷使することで歪みは増えていきます。

 

この酷使されている筋肉への負担を減らし、

コリを和らげていくだけでも

骨盤の歪みは改善していきます。

 

 

骨盤の歪みが気になる方は、

筋肉の疲れをとり、コリを減らすだけでも

歪みはとれてくるので、

どうやってリラックスしていくか

考えてみてくださいね。

 

筋トレやストレッチをするよりも、

ただ体を休めるだけでも歪みはとれるのです。

 

 

 

 

 

整体のご予約はお電話か、WEBから予約ができます。

 

 

 

毎月お役立ち情報とメルマガ会員限定のキャンペーン情報をお届けしています。

 

登録がまだの方はぜひメルマガにご登録くださいね。

 

【定期開催セミナー】

1.妊婦さんのお腹を緩めてお腹の張りを楽にするセミナー

 お腹の張りを緩めて、切迫早産を予防しましょう!

詳細はこちら → https://resast.jp/page/event_series/35964

 

2.運動なしで「痩せない」自分と決別!痩せ体質セミナー

 日常生活における食事と過ごし方から運動なしでも痩せ体質になれるようにお伝えしていきます。

詳細はこちら → https://resast.jp/page/event_series/42771