妊婦さんのお腹の張りを緩める座り方|切迫早産予防


こんにちは!

ゆじゅ 高松です。

 

今日は妊婦さんのお腹の張りを緩める座り方です。

 

 

7ヶ月になる頃からお腹が大きくなって、生活の

中で何かと気になる事が増えてませんか??

 

 

整体院でも7ヶ月くらいから不調を訴えて

来院する患者さんが増えてきます。

 

 

お腹の張りだったり、肩こり、腰痛。

ひどい人は坐骨神経痛(脚の痛みなど)もいます。

 

 

これはお腹が大きくなるに従って、

だんだんと姿勢が変化します。

 

 

妊婦さんの場合は腰が前に出てきますよね!

 

そうすると、腰への負担が増えたり、姿勢を

維持するために太ももや背中の筋肉が常に

働くので、筋疲労を起こして痛みとなって現れます

 

 

 

だから、解決の方法は日頃使いすぎている筋肉を

休めてあげる事なんです!

 

 

休めるためには何をしたら良いですか??

 

 

ストレッチ?

 

マッサージ??

 

 

いえいえ、そんなことしなくて良いんですよ!

 

 

休めるというのは

筋肉を使わない事

です。

 

 

座っていても筋肉を使っている事があります。

寝ていても筋肉を使っている事があります。

 

 

良かれと思って姿勢に気をつけていて、

気づかずに筋疲労を起こして体調を壊す人が

ほとんどです。

 

 

そして、お母さんがきつい時は赤ちゃんもきついんです。

 

 

ガンバってお腹が張っている時は赤ちゃんの胎動は減りませんか??

 

 

頑張りすぎるとお腹が張って赤ちゃんも動けない状況になってしまいます!

 

 

 

そこで、今日は体の負担を減らすための座り方

をおしらせしますね。

 

 

無編集の動画なので3分13秒ほどです。

モデルは9ヶ月の妊婦さん。

 

この動画を参考に楽に過ごして見てくださいね。

 

 

 

 

 

どうでしょうか??

 

動画で座り方がわかりましたか??

 

 

動画を見ての感想や、わからない点などがあれば気軽にお問い合わせください。

より良い情報が提供できるように工夫しますので、妊婦さんの声がとてもためになりますのでよろしくお願いします。

 

mail : seitai.yoga.yuju@gmail.com

 

 

状態が悪い時は座り方を変えるだけではダメで、どうしても人の手が必要になる事があります。

その時は勇気がいるかもしれませんが整体も考慮してくださいね。

私のお手伝いが必要であれば、下記の予約画面からご予約ください。

 

 

 

 

 

合わせて見て欲しい!

『骨盤底筋を働かせる立ち方について』→ 

 

 

 

後日談ですが、撮影に協力してくれた妊婦さん。

お出かけしてお腹が張ると用事の途中でも自宅へ引き返していたそうです。

 

しかし、この座り方を知ってからは、お腹が張っても一旦腰掛けて

この座り方をすることでお腹の張りが落ち着くので、途中で自宅に

引き返さなくてもよくなったそうです♪

 

お腹が張りがちな妊婦さん。

一度腰を丸めて楽〜に体を休めてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

*****

2018年5月22日(火)

全国で講座をしている小児科医 横地先生による

「ワクチン講座」

を宮崎市民プラザにて行います。

予防接種についてどうしたら良いだろう!?という悩みのある方はぜひ検討して見てくださいね。

詳細はこちらから!

https://resast.jp/events/242139

 

*****

 

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ