姿勢とスタイルの関係性


こんにちは。姿勢アドバイザー 高松です。

 

 

今日は姿勢とスタイルの関係性を書いてみようと思います。

 

姿勢は背筋を伸ばした時と、猫背巻き肩にした時で比較してみます。

 

  胸を張る 猫背巻き肩
バスト 薄くなり外を向く ボリュームが増して前を向く
ウエスト くびれがなくなる アンダーバストが細くなり、くびれができる
ヒップ お尻が広がり垂れやすくなる お尻が締まり、上がる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯バストについて

 胸を張ると、胸骨(胸の中央)と肩の距離が広がります。これは大胸筋が引き伸ばされてしまうので、胸は薄く外に向かって伸びます。

 肩が外側後方へ広がるので、それに伴って胸も外側に向いてしまいます。

 

 猫背になると肩は耳の真横(胸を張ることに比べれば前方にくる)なので、大胸筋が緩んだ分、胸のボリュームに繋がる。また肩が前にくるので当然胸も前を向き、真ん中へ寄る。

 

 

◯ウエストについて

 胸を張ると肋骨が横へ広がり、外周が長くなります。皮膚も伸ばされ、骨盤との差が少なくなるので、くびれのない状態となります。

 

 猫背を作ると肋骨は狭まり、外周が短くなります。皮膚にゆとりが生まれ、骨盤と肋骨外周の差が大きくなり、くびれが生まれます。

 

 また胸を張ると上半身は薄く横長の楕円に近づき、猫背にすると丸に近づきます。

 

 

◯ヒップについて

 胸を張り、背筋を伸ばすと腰を前に突き出して、つま先が揃う立ち方になります。

 この時、膝が内側によりやすく内股傾向が強くなります。

 そうするとお尻側は広がる動きになるため、締まりがなく大きく垂れやすい状態になります。

 

 

 猫背になると膝が外を向きやすい状態になります。

 そうするとお尻は狭まる方に動き、締まり上がりやすくなります。

 

 

 

胸を張り背筋を伸ばす姿勢が良いとされますが、肩こりや腰痛など体の症状について考えてもきついのは明白なのですが、実はスタイルにも大きな影響を与えているんです。

 

 

◯きつい思いをして慢性的な肩こりに悩み、さらにスタイルも良くない方向へ。。。

 

◯楽な姿勢で、肩こりにもならず、スタイルも良くなる。

 

 

 

あなたはどちらを選びますか?

 

一流の人達、実はみんな猫背、巻き肩ですよ♪

 

 

 

 

 

★O脚、膝の施術がパワーアップしました

 膝関節のねじれの調整がよりしっかりできるようになり、O脚も縛ることなく改善していくようになりました。

 また、膝のねじれ調整ができるので、坐骨神経痛の足の痺れ、X脚、お尻の締まり具合にまで幅広く対応しやすくなりました。

 

 繰り返すことで膝下の曲がり具合も整いまっすぐになる方も増えました!

 

 膝周りのことでお悩みの時はぜひお試しください。

 

 

 

 

お問い合わせ、ご予約はお電話、またはWEBからお願いします。

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ