肛門に緊張感は常にあるか!?|骨盤の開きを誘発!?


こんにちは。姿勢アドバイザー 高松です。

 

 

突然ですが、質問です!

 

 

普通に立っている時なんですが、

 

”肛門に緊張感はありますか??”

 

肛門というとなんだかダイレクトな表現ですけど(笑

 

 

 

「お尻が締まっているか?」という表現が良さそうですが、本来お尻って柔らかい方がいいので、ダイレクトに肛門(笑

 

 

基本的に肛門に緊張感のない人が多くなっていますが、本来であれば

 

お尻は柔らかいけれど、肛門には緊張感がある

 

ことが理想的です。

 

 

 

お尻が硬いのは無駄な力みが多くて、どこかバランスが崩れているかもしれません。

ヨガをやっていてお尻がガチガチに緊張させる方も多いですが、お尻が硬いと腰椎の動きも阻害され、圧迫がますので腰の痛みにつながります。

 

肛門に緊張感がないときはインナーマッスルの働きがかなり弱くなって、体幹に頼ってしまい体調を壊しやすくなります。

 

特にお腹がポッコリ膨らんで、立っている時にカチカチの人は内臓機能も低下しがちです。

 

 

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃肛門に緊張感を作る立ち方┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

 

 立った時に膝のお皿がうちを向いて、つま先を引っ付けて立つ人は基本的にお尻側が広がるので、緊張感が出ないはずです。

 

 小尻を目指す人がいますが、肛門に緊張感がないとお尻側が広がって小尻どころか大きくなって垂れてしまいます。

 

 

基本的にはつま先をこぶし一つ分ほど開いて立ちます。

 

この写真右のようにつま先だけを外に向けるわけではなくて、股関節から開き、膝が太ももの中心よりもやや外を向くように立つ。

 

 

そうすることで、お尻側は狭まる方向に働き、肛門に緊張感が生まれます。

 

 

 

 

 

 

この立ち方になると膝も近づき、O脚も改善させるので、ぜひやってみてくださいね。

 

 

 

★O脚矯正も整体メニューでやっています★

整体や整骨院のO脚矯正はゴムバンドなどで膝周りを縛って矯正することが多いですが、

ゆじゅのO脚矯正は縛りません!

 

体の特性を利用して、股関節、膝、足首を整えてO脚を改善させていきます。

 

 

O脚が気になる方はお気軽にお問い合わせください。

●整体のWEB予約はこちらから

 

 

●O脚のお問い合わせはお電話か、以下のお問い合わせフォームからどうぞ

 

 

 

 

お問い合わせ、ご予約はお電話、またはWEBからお願いします。

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ