筋肉の種類と働き方|間違った使い方で体を壊す


こんにちは。姿勢アドバイザー 高松です。

 

今日は筋肉の種類と、使い方による体への影響について簡単に書いてみようと思います。

 

筋肉は働きによって大きく2種類に分けられます。


屈筋(くっきん)と、伸筋(しんきん)。

 

役割は漢字を見ると分かりやすいですね!

 

屈筋:屈曲、曲げる、縮めるための筋肉

伸筋:伸展、伸ばす、広げるための筋肉

 

 

体調の壊し方にはさまざまありますが、伸筋を使いすぎて体調を壊すことが多いようにおもいますし、伸筋を使いやすい状況にしている環境もあるのかと思います。

 

 

たとえば、背筋を伸ばす。

 

画像を見てもらうとなんとなくわかると思いますが、背中の筋肉をかなりしっかり使っている印象がわかるのではないでしょうか??

 

背中の筋肉は広げる、伸ばすための伸筋がたくさんあり、多くの女性はここを多用しすぎています。

 

背中のこりなんてその一例で、背筋を伸ばしすぎて凝り固まってるんです。

 

 

 

 

次に太ももの前側(大腿四頭筋)がかちかちで太くなっている女性。

 

多いです。

 

 

歩くときに使いすぎているんです。

 

大腿四頭筋は膝を伸ばすための筋肉なのに、しゃがむ時などの曲げていくときにも使われているのでどんどん疲労がたまり、太く硬くなっていきます。

 

 

でも、これはやろうと思ってやっている訳ではないと思います。

 

気づいたらその使い方になっていた。

 

最初は出来ていたのだと思いますが、いつの間にか変わっていた。

 

 

知らず知らず体の使い方が変わって、疲労が溜まって硬くなり、痛みの原因となってしまうということがあります。

 

 

だから整体で一時的に改善しても、根本的な使い方が改善されないとどうしても繰り返してしまう。

 

 

私はできるだけその使い方についてもアドバイスができるようにしています。

 

 

整体で一時的に良くなっても再発するという方は自分の体の使い方が間違えているのかもしれません。一度いらしてみて下さいね。

 

 

 

■肩コリ、太もものコリを楽にほぐすオススメアイテム!

 乳酸は酸素の力で水と炭酸ガスになるので、塗ればスーッとコリが楽になります。

 一度お試しください♪

 

 

 

■寝ながら矯正♪熟睡できる喜び♪オススメのクリエピロー

 頭から腰まで優しくサポートしてくれる他にない枕です。

 お腹への血流も改善されるので、自然と深い眠りに誘ってくれます。

 

 

 

 

お問い合わせ、ご予約はお電話、またはWEBからお願いします。

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ