肩こりの人に多い立ち方


こんにちは。姿勢アドバイザーの高松です。

 

今日は「肩こりの人に多い立ち方」についてです。

 

 

良い立ち方というと

 ・背筋を伸ばして

 ・肩が壁につくくらい開く

 ・お尻をキュッと締めて

 ・つま先(親指)に重心を持ってくる!

 

 

健康情報などでよく見られる立ち方ですよね♪

 

 

頭、肩、お尻、かかとが壁につくように立つ。

 

 

実はこれ、

 すごく筋力を使う立ち方なので

 

ずっとやってると筋疲労を起こして

 

慢性的な肩こりを作ってしまいます!

 

 

決して「良い立ち方」とは言えないんです。

 

 

 

●以前の記事も参考にして見てくださいね。

◯◯に逆らわない|慢性肩こり対策

 

つま先重心で疲れやすい筋肉|肩こりの原因

 

 

 

日本人女性に本当に多い立ち方はこんな感じです。

 

 

背筋を伸ばす事を意識するあまり、腰が前に出て、背中がまっすぐでS字カーブ(生理湾曲とも言われる)が無くなってしまいます。

 

 

この状態で起こることは

 ・胸郭の動きが固定され、広がる

 ・背骨の自由度がなくなる

 ・上半身(お腹、背中、胸、肩、首)の筋肉が全般的に疲労して硬くなる

 

 

背筋が伸ばされることで自律神経も乱れてしまい、肩こりを初めとして様々な不調をきたします。

 

 

 

 

ゆじゅで考える良い姿勢の条件

 

 ・疲れにくい

 ・動きやすい

 ・負担が少ない

 

です。

 

何もしてないのに疲れたくないですよね(笑

 

 

 

踵(かかと)重心で力に頼らずに骨格をうまく使えるといいですね♪

 

リラックスできれば、楽なだけでなく、女性らしいしなやかな動きにもつながります。

 

 

ぜひ、鏡を見ながら試して見てくださいね。

 

 

  ■まっすぐに立つ基準

   耳の穴、肩、大転子、くるぶしが一直線であること。

   重心は踵!

 

  踵に乗るためにも腰を後ろに引いて、肩をまっすぐ下へ落としましょう♪

 

 力に頼らず、重力をうまく使ってくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ、ご予約はお電話、またはWEBからお願いします。

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ