肩こりの原因について


こんにちは。姿勢アドバイザー 高松です。

 

今日は「肩こりの原因について」書いていこうと思います。

 

先日、Yahoo知恵袋という一般の人同士で行なっているQ&Aを眺めていて、

 

Q. 肩こりの原因はどれでしょうか?

1)ビタミン不足、2)カルシウム不足、3)鉄分不足、4)運動不足

 

というのを見かけたんです。

 

もしかしたら(1)かな!?

 

なんて考えたくなっちゃいますが、栄養不足で肩こりになっていると、食糧難の地域の人はみんな肩こりになっちゃいますよね。それに比べて日本は食べ物には不自由しないので、栄養不足で肩こりになるというのは考えにくいです。

 

 

それに加えて、「肩こり」という概念が実は世界の中でも日本だけと言われています。

 

 

だから栄養不足や運動不足が肩こりの原因というのは考えにくいとは思いませんか??

日本で運動していても肩こりの人なんていっぱいいますもんね♪

(運動して血流を改善すれば肩こりは軽減しますけど)

 

 

「肩こり」という概念が世界にはないということを考えると日本人特有の何かが原因になっていると考えなくてはなりません。

 

 

それは何か・・・

 

これです↓

 

背筋をピンと伸ばすこと!

胸を張ること!

肩を広げること!

 

上のモデルさん、肩を広げすぎて、横から背中が全く見えない状態ですが、これが日本人に特有な姿勢に対する考え方です。

 

この姿勢による影響は色々考えられます。

 

・胸を上げるために筋力を使う

・肩も上がり、すくみやすくなる

・背筋を伸ばすために、背中の筋肉がカチカチになる

・背中から、首、頭まで筋肉が硬くなる

・そり腰で腰回りの筋肉が硬くなる

 

 

そう、重力に逆らって、上に伸ばそう、広げようとするので、筋肉を常に使う必要が生まれてしまいます。

 

そうすると、筋疲労がたまり、乳酸が多く発生し、コリや痛みなどの原因となってしまいます。

 

 

一言で言うと、「姿勢が悪いから」です。

 

世界中の中で珍しい「胸を張る」と言う姿勢観から、国民病と言われる肩こりが生まれています。

 

 

姿勢が悪い
 →筋肉を使いすぎている
  →疲れる
   →血流不足
    →乳酸が溜まる
     →コリが生まれる
      →痛みや辛い状態が作られる

 

 

 

ちょっとネットから借りてきましたが、

この座り方を綺麗!と捉えるか、不自然と捉えるか。

 

おそらく、世界中の人はこの座り方はしないんですね。

 

 

 

姿勢に対する見方を変えると、肩こりの改善策が見えてきます♪

 

 

姿勢や健康に関することをメルマガで配信しています♪

ご登録はこちらから

 

 

 

お問い合わせ、整体のご予約はお電話、またはWEBからお願いします。

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ