太ももが太くなる理由


こんにちは。姿勢分析師 高松です。

 

今日は女性の患者さんに多い悩みの一つ。

「太ももが太くなる理由」

についてです。

 

太くなる部分はこの外側の部位。

 

筋肉がガチガチになり、太くなりますが、逆に内腿は使われないためゆるゆるになります。

 

これは大きく分けて原因が3つあります。

 

 

■3つの原因

1) 歩くときに太ももを使いすぎている

2) 気づかないうちに内股で立っている

3) つま先重心で立っている

 

それぞれ別に起こるのではなくて、硬くなっている人は上記の3つ全てが当てはまる人が多いです。

 

また、太ももが太くなるだけでなく、反り腰でもあり、腰痛や肩こり、背中の痛みや首の痛みと背面の症状が多いので、少しずつでも改善していくことをお勧めします。

 

 

1)歩くときに太ももを使いすぎている

 

【歩くときは太ももを使って足を前にだす。】

 

こうやって読むと当たり前のように思えるかもしれませんが、これは間違っているんです!

 

禅問答のようになりますが、太ももは前に出すのではなくて、振り子運動で勝手に前に出ます。

 

これは文章でお伝えするのが難しいのですが、あえて書くとすれば

・軸足にしっかりと乗って、腰を前に送り出すように歩く

・かかとから小指側を使って歩く

・親指で蹴り出さない!

 

すぐにできる人はほとんどいないのですが、歩くときに足がとても重く感じる方はほとんどが太ももをあげる歩き方をしており、筋肉を使いすぎています。要注意です!

 

 

 

2)気づかないうちに内股で立っている

 

鏡に向かって立ったときに膝のお皿は内と外、どちらを向いていますか??

 

理想なのは外側です。

 

太ももの中心線よりもやや外を向いているのが理想ですが、足を揃えて立つ方のほとんどがお皿が内側を向いています。いわゆる内股。

 

※画像はO脚の矯正前後写真。Before は膝が内、After は膝が外です。

 

内股で立っていると足を動かすときに太ももの外側の筋肉を異常に使うので疲労がたまり、太くなります。

 

 

 

3)つま先重心で立っている

 

最近の一般的ないい姿勢で進められるのが親指重心です。

 

親指というのは力が強くて支えるのに適しているように思えます。

 

しかし、それは勘違いかもしれません。

 

親指というのは小指側に比べて骨が一つ多く(関節が多い)、動きが大きくなっています。

なので、支えるために使うには筋力が必要になります。

 

逆にかかと重心では骨に乗って立てるために、筋力が必要ないんです。乗るだけ。

 

また、つま先重心の人は腰が前に出ています。

 

この立ち方をすると、足裏、スネ、太ももの筋肉が常に緊張状態になり(触ると固い状態)、筋肉は常に筋トレをされているようなもので太く硬くなります。

 

 

 

■3つを同時にやっている人が多い

3つのことを同時にやっている人が多いのですが、私はその発端が背筋を伸ばす、胸を張るということから来ているのではないかと考えています。

 

胸を張ると自然と腰が前に突き出すような動きになるので重心が前に移動し、つま先重心になります。

 

同時に股関節が内側に回旋するような動きを取るので、内股になる。

 

 

また、健康情報で

「背筋を伸ばすのがいい姿勢です!」

「親指で蹴って大股で歩きましょう!」

「親指で立ちましょう」

というような体にとってきつい情報があたかも正しいように流されるので、みんな意識して親指で蹴って歩くようになります。

 

 

このように3つを同時にやって太ももが太くなると嘆いている方が多いです。

 

 

 

■まずは立ち方を変えることから

 

まずはつま先重心ではなく、かかと重心で立つことから始めましょう。

 

体重がかかとに乗るまで腰を引いて、これでもか!っていうくらいに背中を丸めてみましょう。

 

上半身はもともと反り返って立っているので、これはさすがに猫背だ!と思うくらい丸めるとちょうどまっすぐに立っています(笑

 

鏡をみながらぜひやってみてくださいね!

 

 

 

●太ももを緩めるためのアイテムを少しだけ紹介します。

 

1)太ももの筋肉を緩める

ガチガチになった太ももは乳酸がたまり、筋肉を硬くしています。

 

なので、力を抜く程度では絶対に柔らかく、細くなりません。

 

かといってマッサージすると余計に硬くする場合もあります。

 

なので、私はO2KRAFTを強くお勧めします。

 

 

オイルを塗ると、酸素が皮膚から浸透して、乳酸を分解して水と炭酸ガスにしてくれます。

血行がよくなり、硬くなった筋肉が柔らかさを取り戻します。

 

1〜2週間、1日に3回ほど太ももにしっかり塗っていくことで変化を感じることができます。

詳細はこちらから。

 

 

 

2) 立ち方歩き方を変える

太ももが太くなる方の多くに扁平足や外反母趾、または親指や人差し指の付け根にタコができる人が多いです。

 

これは立ち方が崩れている証拠。

 

大切なことはかかと重心で立つことです。

 

当院で取り扱っているBALANCEインソールを靴に入れて使うことで自然と立ち方が矯正されて、歩き方まで変わっていきます。

 

 

利用されている方は

・長時間立っていても足が疲れにくくなった。足首が楽(歯科衛生士さん談)

・履いてるだけで、自然と歩き方も変わって疲れにくい!(コンビニ経営者談)

 

骨盤も整い、足の血行もよくなるので綺麗な姿勢に近づけてくれます。

 

詳細はこちら

 

 

整体はなかなか受けることができない人はこれらのアイテムを使うことで少しでも楽になれると思います。お悩みの方は試してみてください。

 

 

 

 

 

▼イベント、セミナー情報はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8145

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ