産後のお腹ぽっこりと骨盤矯正について


こんにちは。姿勢分析師 高松です。

産後のママで一番気にされていることは以前のズボンが履けないこと。そして、お腹のぽっこり。

それを改善するためには骨盤矯正しかない!

と思われてる方が多いですが、実は骨盤だけ矯正してもほとんど効果が出ません。

本当に大切なのは姿勢なんです。

 

 

■妊婦特有の姿勢が痩せにくくする

妊娠すると、だんだんとお腹が大きく重くなっていきますよね。

6ヶ月過ぎたあたりから徐々に大きさも目立ち始め、それを支えるために腰を前に突き出すような姿勢になってきます。

 

例えるなら、お腹いーーーっぱい美味しいものを食べて、もう入りません!というときにお腹が前に出て、胸を広げるような状態(笑

 

その状態で数ヶ月過ごすわけです。

そうすると、骨盤は前に傾き、胸は上を向いて広がります。

 

結果として

・インナーマッスルが全く使えない
・お尻や太もも、背中の筋肉が緊張、膨張
・呼吸が浅く、酸素摂取量が減る!(脂肪燃やせない!

これらのことが重なって、お尻や太ももが大きくなり、痩せにくくなってきます。

 

 

■骨盤は勝手に戻る。戻らないのはお腹を突き出した姿勢。

いろんな健康情報のおかげで、産後のママは骨盤が開いたかどうかばかりを気にします。

でも、骨盤って3〜6ヶ月ほどで自然と戻るようにできているんです!(衝撃じゃないですか??

人の手で戻すなんて、たかが知れてるんです。

戻らないのはお腹を突き出した妊娠時の姿勢なんです。

 

お腹を突き出して立つことで

・インナーマッスルが全く使えない
・お尻や太もも、背中の筋肉が緊張、膨張
・呼吸が浅く、酸素摂取量が減る!(脂肪燃やせない!

※大切だから2回書きました!

本当に大切なのは骨盤が自然と戻ることを邪魔しない状態を作ることです。

 

 

▼腰を引いて立つ

お腹を突き出した体勢では

・つま先重心
・内股になりやすく、太ももの外がガチガチ、内はゆるゆる
・お腹ぽっこり
・反り腰
・胸が外を向き、薄くなる
・肩こり、首こり
・最悪頭痛まで。。。


いろんなことが起こってしまいます。

なので、産後に大切なのは

 

「腰を引いて立つ」、そして踵にも体重がかかるようにすることです。

 

踵にも乗ることができるようになることでインナーマッスルが自然と働いて太くなりにくく、ぽっこり腹も引っ込んできます。

産後のママのみなさん、ちゃんと綺麗に立てているでしょうか?

こんな立ち方をしている場合は早めに改善していってくださいね。

それこそ、骨盤の状態が整いませんよ。

 

 

 

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ