子宮が下垂する!?|下垂とその影響


こんにちは。姿勢分析師 高松です。

 

昨日は産後ママのメンテナンスでお腹を触るとやたらと下腹部が張っていました。

 

症状的には特にありませんでしたが、産後に不整出血を繰り返しており気になったので調整。

 

 

最初は横隔膜などを緩めると楽になると推測したのですが、横隔膜を緩めても下腹部は柔らかくならなかったので子宮を直接調整。

 

 

呼吸に合わせて無理なく動かしながら、リコイル。ボヨン♪ボヨン♪

 

パンパンだった下腹部が緩んで見た目もスッキリ。

 

下腹部が緩んだ時は、周囲のリンパも流れてむくみが取れるので、ぽっこりお腹もスッキリするんですよ!

 

腰を前に出すような立ち方をしているので、内臓も下垂しやすいのかな。

 

 

特に子宮が下垂すると産前産後で不調が起こりやすくなるので注意が必要です。

 

 

【子宮が下垂することで起こりうる症状】

・恥骨痛
・股関節痛
・尿もれ

 など。

 

内臓は全般的に下垂すると調子を悪くしやすいので注意してくださいね。

 

食後の胃痛や頭痛なども下垂が影響している可能性がありますよ。

 

 

【内臓下垂への取り組み】

ゆじゅでは筋肉や骨格だけでなく内臓への調整も行なっています。

 

服の上からお腹を痛みのない方法で整えていきます。

 

他の整体では持続圧で調整しますが、それだと数日お腹が痛むことがあるので、当院ではそんなことが無いように短時間で調整します♪

 

お腹周囲のリンパも流れやすくなり、お腹の張りが取れることで腰や膝、背中など周囲の痛みなどにも影響があるのでおすすめです。

 

 

telephone-icon-free74 : 0120−992−194

mail-icon-free74 : seitai.yoga.yuju@gmail.com

 

 

▼内臓を整えてダイエットするためのメルマガ始めました

https://www.reservestock.jp/subscribe/70714

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ