良い立ち方で頭、肩、お尻、かかとが壁に着く?|ストレートネックの原因


みなさん、こんにちは。ヨガもやってる姿勢分析師 高松です。

 

昨日、質問をもらったので、ブログで回答します!(笑

 

Q. 立つ時は頭、肩、お尻、踵が壁に着くの??

 

テレビや雑誌の健康情報で、良い立ち方として紹介されるものに、この質問のような立ち方が説明されます。

 

ま、何はともあれやってみます!

 

 

どうでしょうか?

 

  • 左:壁に頭、肩、お尻、踵をつけて立つ
  • 中央:一歩前に出る
  • 右:カメラの方を向く

 

違和感を感じませんか??

 

比較してみましょう。

 

 

  • 左:壁に頭、肩、お尻、踵
  • 右:背中とお尻だけ(肩はつけていない)

 

どうでしょうか??

 

左と右、どちらが自然でしょうか??

 

私は右の立ち方の方が楽だし、自然に見えます。

 

なので、私の立ち方の回答としては

 

 

A. 壁には背中とお尻がついて、肩、頭、踵がつかないのが理想!

です!

 

 

ただ、今まで背筋を伸ばすことを頑張っていた人は背中のカーブもなくなっていることが多いので、背中をつけにくいかもしれません。

 

これは時間が必要になります。(時間をかけてまっすぐになってるので)

 

 

ストレートネックの原因にもなるので注意

 

頭、肩、お尻、踵を壁につけるということは背骨のカーブがなくなっていきます。

 

背中がまっすぐになって猫背とは全く逆で、伸びすぎてしまいます。

 

首、背中、腰は全てバランスをとってカーブが作られるので、背中のカーブがなくなることで首のカーブも失われてストレートネックと言われる状態になります。

 

 

ストレートネックの人は、頭痛、首・肩こりや痛み、背中の張りなどなど不調を多く抱えることになりかねないので、気をつけてくださいね!

 

 

telephone-icon-free74 : 0120−992−194

mail-icon-free74 : seitai.yoga.yuju@gmail.com

 

 

▼姿勢に関するメルマガ始めました

http://www.reservestock.jp/subscribe/61987

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ