肩の盛り上がりがなくなってた!|姿勢改善


こんにちは。ヨガもやってる姿勢分析師 高松です。

 

慢性的な肩こり、首痛で悩んでいませんか??

場合によっては首すじから肩にかけてが盛り上がっている人も見られます。

 

 

これは僧帽筋が膨張しているのですが、血液やリンパ液がちゃんと流れておらず、筋肉への負担も大きいことから炎症が起きたりもします。

 

この状態だとつい手が首や肩に伸びていたり、首を回したくなる。

 

首、肩だけでなく、背中の方もきついかもしれませんね。

 

また、肩がかなり盛り上がってボリュームが増すので、首が短く見えたりしてスッキリ感がなくなってしまいます。

 

改善するには?

この盛り上がりをなくすためには、リンパを流し、炎症を抑えていく必要があります。

 

1)肩への負担を減らす

基本的に胸をはる姿勢を日常的にやっている人はすぐやめましょう。

 

それだけでも肩の負担が減ります。

 

胸をはると肩や首の動きが制限されるので、マッサージや整体をしても肩が凝ってしまうのです。

 

胸をはることをやめて、胸郭の関節が動くようにしてやることで肩への負担が減ります。

 

これに対する体操はまた別な機会に紹介しますね。

 

 

2)筋肉を緩め、リンパ、血液を流す

盛り上がっているところだけでなく、胸や背中の筋肉も緊張が増して循環が悪くなっています。

 

胸郭を動きやすくするだけでも改善します。

 

アロママッサージで胸や脇周りの筋肉を緩めるのも効果的で、肩甲骨を動かす体操でも良いでしょう。

 

塗るだけで酸素を補給し、乳酸の分解を促進するO2KRAFTもオススメです♪

O2KRAFTについてはこちら。

 

 

筋肉を揺らしたり、気持ち良く動かすことで血流が生まれるのでオススメです。

 

 

 

リンパも流れて、筋肉が緩むことで盛り上がりが減ると、

首すじもスッキリ見えて印象も変わりますね!

 

 

 

胸をはる姿勢じゃないといけないと思われていたり、それが普通だったりする人が大半だと思います。

 

しかし、その姿勢で体調を壊すことも事実。

 

ぜひ胸をはらなくても綺麗に過ごせる姿勢を身につけていってくださいね!

 

 

 

telephone-icon-free74 : 0120−992−194

mail-icon-free74 : seitai.yoga.yuju@gmail.com

 

 

▼O2KRAFTの通販もやっています。

http://www.reservestock.jp/stores/index/4878

 

 

▼姿勢に関するメルマガ始めました

http://www.reservestock.jp/subscribe/61987

 

 

▼姿勢や健康情報などを配信しています【ゆじゅ通信(不定期配信)】

http://www.reservestock.jp/subscribe/33101

 

ボタン-はじめての方へ

ボタン-メニューページへ

ボタン-コンセプト

 

 

バナー-お客さまの声

ボタン-お客様の声産後  ボタン-お客様の声首肩

ボタン-お客様の声腰骨盤  ボタン-お客様の声その他

 

 

WEBからも簡単にご予約いただけます。

お問い合わせ-オレンジ